一戸建て分譲住宅購入のチェックポイントはコレ!

アフターサービスが充実している住宅メーカーを選ぶと、購入後に何年か期間をあけて、無償で家の点検やメンテナンスを行ってくれます。

これからマイホームを持ちたいと思われる方もいらっしゃることでしょう。
こちらのサイトではこれから分譲住宅を購入したいと思われる方のための、情報を公開していきます。

分譲住宅を購入する際には、様々なチェックポイントがあります。
それは、分譲住宅の建物自体はもちろんですが、実際にその土地で住むための環境についても重要です。

とくに分譲住宅の場合、狭い区画内に同じ建物のタイプの住宅が並んでいるため、住宅スペースを確保するために、隣家との距離が近い場合があるので、互いの生活が見えてしまう恐れやプライバシーが保たれない恐れもありますので、こうした細かい点も確認しておくとよいでしょう。

次に、分譲地区内での住民同士のコミュニティーがあるかどうかもチェックポイントの一つでしょう。
分譲地区一帯が防犯対策をしている地域もあります。
そうした地域では、防犯カメラが設置されており、何かあれば、警備会社から警備員が駆けつけてくれるというサービスをしてくれます。

分譲地区では、将来に亘って生活がしやすいかどうかについても調べておきましょう。
チェックポイントは、周辺に生活に必要な施設があるかどうかです。
病院や学校、スーパーなどの商業施設が歩いていける距離にあれば、日常生活に困ることはないでしょう。

いよいよ分譲住宅を購入することを決意されたのなら、建物自体に欠陥がないかどうかを調べてみましょう。
とは言っても、素人ではどこをチェックしたらよいのかがわからないでしょう。
そんな時には、プロの専門家に依頼をしましょう。
建築士による住宅審査を受けることで、より安全に分譲住宅を購入することができます。
分譲住宅の内覧会では、建築士などの専門家と一緒に見たりるか、家族や親戚などと見ると良いでしょう。

それとなるべくなら子供は連れて行かない方がよいでしょう。預け先があれば預けて行くことをおすすめします。小さな子供がいるとそちらに気をとられてしまうかもしれませんからね。
なぜなら、内覧会で、家に不具合がないかを隈なくチェックしなければならないからです。
建築中に、フローリングや床などに傷がついてしまうというケースもあるので、部屋中を調べる必要があるからです。
 
また扉の開閉などについても、全室調べておきましょう。
トイレや洗面所、台所も水を流して、流れがスムーズかどうか、排水管のトラブルなどがないか見ておくとよいでしょう。
 
次に入居後のトラブルです。
分譲住宅入居後に、構造上主要な部分に欠陥があったことが分かった場合、10年間の間、無償で補償を受けることができます。
これは住宅瑕疵担保履行法に基づく法律によるものです。
 
分譲住宅を購入した際には、売主が、保険に入っているか、供託に入っているかどうかを確認することも大切です。
そしてもし供託に入っていた場合、供託をした日についても確認が必要です。
なぜなら、事業者が供託を行う前に倒産してしまった場合においては供託金を受け取ることができないからです。
 
また分譲住宅を購入するときには、アフターサービスが充実している住宅メーカーを選ぶと、分譲住宅購入後に何年か期間をあけて、無償で家の点検やメンテナンスを行ってくれます。
 
また長期優良住宅の分譲住宅を購入すると、住宅購入に基づく税金が減税されるというメリットがあります。
住宅ローンの減税、投資減税型の特別控除、登録免許税、不動産所得税、固定資産税が減税されます。
 
分譲住宅の購入を検討する前には、いろいろな家のタイプを見ておくとよいでしょう。
いろいろな家のタイプを見るには、住宅展示場の見学がおすすめです。
住宅メーカーによる家を購入するためのセミナーなどを無料で行っているところもあるからです。
無料のセミナーで住宅購入の際の知識を身につけることができます。
 
家の購入は一生に一度の買い物ですので、自分の目を養い、住宅購入のための知識を身につけ、賢く分譲住宅を購入しましょう。