分譲住宅のチェックポイントは周辺環境にあり

いろいろな住宅メーカーを見て回ることが第一です。

夢のマイホームを手に入れたいと思われる方はたくさんいらっしゃることでしょう。
一戸建て購入の際に、分譲住宅を検討される方もいらっしゃることでしょう。
ここでは、分譲住宅を購入する時のメリットとデメリットについて述べたいと思います。

まず分譲住宅のメリットです。
土地と建物を購入することになるので、総額いくらかかるのかが把握することができることです。
分譲住宅は、あらかじめ家が完成された状態で売りに出されるため、生活空間のイメージがつかみやすいことです。
地域の環境など、購入時にいろいろと自分で調べることができることでしょう。

デメリットについては、すでに家が完成されているため、自分で部屋の間取りや部屋の配置などを決めることができないことがあげられます。
いろいろな住宅メーカーがあるので、設計や使われている素材などが信頼できるものかどうかも、すでに完成されている建物であるため、不明な場合もあります。
以上が分譲住宅を購入した際のメリットとデメリットです。

とにかく、分譲住宅を購入しようと思ったら、いろいろな住宅メーカーの分譲住宅を見て回ることが第一でしょう。
チェックポイントですが、建物全体を隈なくチェックするのはもちろんなのですが、近隣との関係もチェックしておくことも大切です。
狭い区画内に横並びに分譲住宅を売り出しているメーカーでは、住宅スペースをできるだけ確保するために、隣家との距離が狭い場合もあります。
そういった場合、家と家の間に塀や壁などの仕切りがないタイプの分譲住宅もあります。

隣家との家も全く同じデザインの建物だった場合、自分の家の窓をあけたらすぐ横に隣の家の窓があるといったケースもあり得ます。
生活してゆくうちに、お互いの生活が丸見えになってしまうと、良好な近隣関係が続けばよいのですが、一歩間違えば、プライバシーの問題でトラブルになることもあり得ます。

子育て世代のお宅では、子供が騒いだ場合、その声が隣家に筒抜けになってしまう場合や、暑い時期に窓を開けると、隣の家から丸見えだったということもあります。
できるだけ、互いの家の視界が入らないタイプの分譲住宅の方が、友好な近隣関係を保つことができるので、分譲住宅を選ぶ際には、気をつけたいチェックポイントの一つではないでしょうか。

自分の購入したい分譲住宅の窓やバルコニー、玄関の位置の確認と、隣家の窓の位置などを確認しておくとよいでしょう。
細かいことかもしれませんが、友好な隣人関係を保ち、プライバシーを保って生活してゆく上で必要なチェックポイントであるといえるでしょう。