アフターサービスが行き届いた分譲住宅を選ぶ

家の防水や、シロアリなどの防虫対策などの他、入居後に期間を定めて行われる建物の点検作業などのアフターサービスが考えられます。

大手住宅メーカーでは、分譲住宅の購入者に対して、手厚いアフターサービスを行っている業者があります。
分譲住宅を購入する決め手の一つとして、アフターサービスが充実した住宅メーカーや不動産会社などの業者を選択するのもよいでしょう。

構造上主要な部分についての補償は、法律で10年と定められています。
これは、住宅の品質確保の促進等に関する法律というもので定められています。
この補償以外に、住宅メーカーによってはアフターサービスとして独自の補償が定められている場合もあるので、住宅メーカーや不動産会社などの業者に確認をしておくとよいでしょう。

たとえば、こんな補償があります。
家の防水や、シロアリなどの防虫対策などの他、入居後に期間を定めて行われる建物の点検作業などがあります。
補償期間も、長期に亘って行ってくれるなど、業者によってマチマチです。

大手の住宅メーカーなどでは、こうしたアフターサービスを徹底して行ってくれるので、こうしたアフターサービスに力を入れてくれる業者を選ぶことは、購入者にとっては大きなメリットになることでしょう。
たとえば、入居後に何年か間を開けて、住宅のメンテナンスや点検を行ってくれるので、購入者にとっては、大きな安心にも繋がることでしょう。
こうした住宅メーカーなどの業者では、長期優良住宅と認められた物件を取り扱っているケースが多いので、分譲住宅購入の際には、認定長期優良住宅の物件であるかどうかも、購入を検討する際の大きなチェックポイントの一つとなることでしょう。
 
ちなみに、長期優良住宅とは、平成20年の12月に公布、平成21年の6月4日に施行された長期優良住宅の普及の促進に関する法律によって認定された住宅のことを言います。
この法律では、長期に亘って、良好な状態で住宅を使用することが認められた優良な住宅を認定するための、項目が定められています。
 
認定基準についてですが、劣化対策、耐震性、維持管理、更新の容易性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積などがあります。
この認定基準に通った物件ならば、分譲住宅の購入を考えている方でも、安心して購入する際の候補として選ぶことができるでしょう。

住宅メーカー側としても、こうした認定基準に達した物件を取り扱っていることで、顧客に対する信頼を確保することができ、大きな宣伝効果もあります。
できれば、こうした長期優良住宅と認定された物件を購入するとよいでしょう。