分譲住宅と賃貸住宅、どちらがお得?

購入の際は、家族会議などでしっかりと話し合いましょう。

分譲住宅を購入するかどうかを迷われている方もいらっしゃることでしょう。
購入決断を迷う理由の一つには、分譲住宅をローンで購入するのと、賃貸住宅で支払う賃料の総額とでは、どちらが得になるのかということではないでしょうか。

結果的には、分譲住宅を30年以上住み続ければ、賃貸住宅の賃料を30年分支払った金額よりも少なくて済みます。
最終的には、老後、賃貸住宅の場合、家賃の負担がかかるのに比べ、分譲住宅を購入した場合、ローンの支払いがすでに終わっている状態ならば、年金生活だけでも十分に生活が出来、生活が楽になるでしょう。
また、建物としての価値が30年後にはなくなってしまいますが、土地の価値が残るので、子孫に自分の資産を譲り渡すことが可能というメリットもあります。
賃貸住宅の場合、家賃をずっと支払い続け、家は自分のものにはならない、老後の家賃の負担が重荷になる、年をとるほど、賃貸住宅を借りにくくなるというデメリットがありますが、引っ越しをしなければならない状況になったときに、いつでも住み替えができることや、住宅購入のためのローンの負担などがないことのメリットがあります。

分譲住宅を購入した場合には、引っ越すことが難しくなるというデメリットがあります。
万が一、家族の誰かが転勤になった場合、単身赴任になってしまうなど、家族がバラバラになってしまうこともあります。
しかし、分譲住宅ならではのメリットもいろいろとあります。

住宅を購入後は、自分の思うように部屋の内装を変えることも、リフォームで部屋の間取りを変えることもできます。
賃貸住宅と分譲住宅とどちらがよいのかどうかは、そこに住む家族のライフスタイルなどによって変わります。
学校や仕事など、その地域で長く居続けるというのであれば、分譲住宅を選択するメリットは大きいでしょう。
子供の成長や、通学、通勤などの距離などの問題もありますので、どちらがよいのかを決めるチェックポイントとなることでしょう。

購入の際は、家族会議などで決めるとよいでしょう。
賃貸住宅の場合、家賃として支払い続けなければなりませんが、分譲住宅の場合、家と土地が資産として残り、子供に自分の資産を遺産として残すこともできます。

しかし、住宅ローンの返済中に、不景気で失業した場合には、住宅ローンの返済が重荷となり、返済に困った場合は、せっかく購入した分譲住宅を手放さなければならないということにもなりかねません。
どちらがよいかは、慎重に選ぶ必要があると言えるでしょう。