分譲住宅の気になるチェックポイントはプロにお任せ!

住宅検査で不具合が見つかれば、売主に対して手直しを依頼することも出来ます。

分譲住宅を購入する際には建物自体に欠陥がないかどうかを念入りにチェックしなければなりません。
建物自体の外観がとても素晴らしくても、中の構造かどうなっているのか、建築の土台はしっかりしているのかどうかまでは、わかりません。
住んでみたら、購入した分譲住宅に欠陥があったことが分かっても、売買契約を交わしてしまった後には契約解除をすることができません。
大金を支払って購入したマイホームに欠陥があったとわかれば、後から後悔することになってしまいます。

そこで、購入前には、細部まで念入りに建物の細部まで念入りにチェックすることが必要となります。
とは、言っても住宅専門のプロでもない限り、どこをチェックしたらよいのか全く分からないという方がほとんどでしょう。
そんなときは、住宅や土地などを専門に検査をしてくれる専門家に検査をしてもらうとよいでしょう。

建物の土台や、土地の地質などを専門家に依頼をして検査をしてもらうには、お金がかかります。
しかし、土地と住宅を購入するという一生に一度の大きな買い物をするわけですから、やはりここは、プロの専門家に診断をまかせた方がよいでしょう。

住宅検査というものは、日本住宅性能表示基準という国土交通大臣によって定められた基準によって、住宅を検査します。
建築士がこの日本住宅性能表示基準に定められた基準をチェックしてくれます。
建築士による診断費用については5万円から10万円ぐらいが必要になるでしょう。
購入時、心配な点があれば、建築士にあらかじめ相談をして、しっかりと診断をしてもらうとよいでしょう。
大手住宅メーカーでも、しっかりと住宅検査を行ってから、購入すれば間違いはないでしょう。

もし、住宅検査で不具合が見つかれば、売主に対して手直しを依頼することも出来ます。
また重大な欠陥が見つかれば、その物件について売買契約を結ぶ前に契約解除を申し込むこともできます。
契約書を交わす前に、不具合があるかどうかがわかれば、精神的にも安心ではないでしょうか。
建物だけではなく、土地についても検査を依頼しておくとよいでしょう。

特に、土地の地盤についてはよく調べておくことが大切です。
住宅建設に向いた土地ではないのに、分譲住宅を建てていないかどうかは要チェックポイントでしょう。
地震が来たら、新築の家が傾いてしまったら大変です。
一生、後悔することになるでしょう。

土地調査については、建築可能な土地に建物が建っているかどうか、隣家との境界線についての調査、地震に耐えられるかどうかなどを調べてくれる上、周辺の環境、近隣トラブルがないかどうかなどについても調査員が調査をしてくれます。

分譲住宅は土地と建物がセットで売られているため、購入者側が土地と建物について調べることが必須といえるでしょう。